月経困難症を抑えながら避妊ができる経口避妊薬

排卵日前や月経前にさまざまな不快な症状を感じる方が増えています。
イライラしたり落ち込んで鬱っぽくなってしまったり、腹痛や膨満感を感じるなど、中にはだるくて起き上がれないほどの苦痛を感じてしまう方もいます。
こうした症状は月経前症候群や月経困難症と呼ばれる症状で、半月以上もこうした苦しい症状が出てしまうことがあります。
仕事や家事に差し障ることもあるので、婦人科などで診察を受けることが望ましいのです。
こうした排卵日前や月経前のつらい症状を改善する効果があるのが経口避妊薬です。
経口避妊薬は避妊のための薬として有名ですが、実は排卵日前や月経前のつらい症状を改善する薬としても広く使われているのです。

その仕組みは排卵を起こさないようにすることにあります。
経口避妊薬は女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンを含んでおり、服用することで体を妊娠しているのと同じような状態に保つことができます。
この仕組みにより排卵を防いで精子の着床ができないようにして、避妊を成功させるのですが、同時に女性ホルモンのバランスを崩したことによる様々な症状を改善することもできるのです。
このような仕組みのため、多くの方が月経困難症や月経前症候群の症状改善のために経口避妊薬を服用しています。

大切なことは決められたサイクルで薬を飲み続けることです。
特に避妊目的でピルを飲む場合には飲み忘れがあると避妊の効果が弱まってしまうこともあるので注意しましょう。

薬の処方は婦人科や内科で行うことができます。
腹痛やだるさなど症状がある場合にはまず血液検査などのさまざまな検査を受けて、ほかの病気の可能性がないか診断してから、ピルによる症状改善の治療に進みます。